第3回事業再構築補助金、ついに応募開始(R3/7/30~)

第3回事業再構築補助金、ついに応募開始(R3/7/30~)

町工場の経営者の皆様、先日(7/30)についに第3回目の応募(7/30~9/21)が始まりました。
(申請の受付開始は8月下旬を予定)

今回の応募では、前回の公募と比較すると、
大規模賃金引上枠と最低賃金枠が新設されたこと。
通常枠、緊急事態特別枠、最低賃金枠では、従業員の人数により補助金額の上限が変更になったこと。
補助対象事業の要件は、売上高に代えて付加価値額を用いることも可能となったこと。
売上高減少要件は、2020 10 月以降の連続する6か月間の要件が追加になったこと。
中堅企業等の交付決定は、今国会に提出されている「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律案」が可決され、施行された日以降になること。
最低賃金枠は加点措置を行い、緊急事態宣言特別枠に比べて採択率において優遇されること。
等の変更がありました。

詳しくは、事業再構築補助金の公式ホームページをご確認ください。
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

今回は、大きな変更として従業員の人数により補助金の金額の上限を設けられましたが、他の補助金に比べて大変メリットがあり、うまく活用できれば大きな改善に繋げられ、自社の経営革新を図ることができます。
この事業再構築補助金は、年間5回程度を予定しておりますので、残り3回、更に来年度も継続するか、不透明なところもあります。
この補助金を活用される方は、お早めに経営革新等認定支援機関やお付き合いのある金融機関などにご相談ください。

この記事の著者

徳田進

徳田進3Willsコンサルティング 代表 /中小企業診断士 /経営革新等支援機関

熊本県出身。上場企業の電機メーカーに入社後、約30年間のわたり研究開発部門の企画スタッフとして、研究戦略や研究リソース計画の策定等の業務を従事。また、研究開発の新規事業のビジネスプランを作成し、フィージビリティスタディ等の事業化支援を実施。現在は、経営コンサルタントとして中小企業を中心とした経営戦略支援、事業計画支援、資金繰り改善支援、新規事業支援などを行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る